「職業別審査(私借りられる?)」の記事一覧

おまとめローンの審査、派遣社員(契約社員)の場合

まとめローン申込者の中には、派遣社員(契約社員)の方もいます。サラリーマンや公務員などの正社員とは違って、雇用形態では契約期間が限定されていることが殆どです。契約更新がされずに退職したり、逆に仕事が認められて正社員に昇格・・・

おまとめローンの審査、年収(収入)なしの場合

まとめローンの審査では、一定の収入があることが条件として定められています。したがって、収入がない人は審査に通ることができません。ここでは、収入がない方の場合において、審査が通らない理由や審査に通る可能性について説明しまし・・・

おまとめローンの審査、年収600万円以上の場合

まとめローンの審査で一番の決め手は、申込者の収入となります。つまり年収です。その年収が長期的に安定しているのか、または短期的なものなのかによって審査の通りやすさが決定します。ここでは、サラリーマンの平均年収を大きく上回る・・・

おまとめローンの審査、年収300万円以下の場合

まとめローンを組む場合、他に数社ある借入の総額を融資することになります。つまり借入額に見合った年収というものが審査の基準になってきます。 一般的に日本のサラリーマンの平均年収は約400万円といわれています。ここでは、その・・・

おまとめローンの審査、年金受給者の場合

まとめローンを希望する方には、年金受給者の方もいらっしゃいます。しかし年金受給者の方は、一般的には審査が通りにくい対象といえるでしょう。ここでは、年金受給者の方が審査に通りにくい理由と、また年金受給者の方でも審査に通る可・・・

おまとめローンの審査、水商売の場合

まとめローンの申込者には、水商売の方もいらっしゃいます。水商売といっても様々な仕事内容がありますし、お店の規模なども違いますから一概には言えませんが、一般的には審査は通りにくい対象と言われています。ここでは、水商売の方が・・・

おまとめローンの審査、自営業(個人事業主)の場合

まとめローンの申込者には、自営業(個人事業主)の方もいらっしゃいます。一般的には、会社員(サラリーマン)や公務員に比べて、審査には通りにくい対象といわれています。 このことは、銀行系ローンに限らず消費者金融や他のカードロ・・・

おまとめローンの審査、公務員の場合

まとめローンの審査において通りやすいのは、会社員(サラリーマン)か公務員の方です。ではどちらが審査に通りやすいかと言いますと、相対的にみて公務員の方になるでしょう。 なぜなら、申込者の絶対数は会社員(サラリーマン)の方が・・・

おまとめローンの審査、会社役員(経営者)の場合

まとめローンの申込希望者の中には、会社役員(経営者)の方もいらっしゃることでしょう。なんとなく会社員(サラリーマン)よりは、聞こえが良く、審査に通りやすいと思われがちですが、実はそうでもないケースが殆どです。 ここでは、・・・

おまとめローンの審査に通りにくい対象

まとめローンの申込者には、アルバイトなどの収入がある学生の方々もいらっしゃいます。しかし、会社員(サラリーマン)やOLの方と比べると、審査に通る確率はかなり低くなるでしょう。 ここでは、学生の方がどうして審査に通りにくい・・・

おまとめローンの審査に通りにくい対象

まとめローンで金利が下がり一本化ができれば、返済の負担を軽減できますので、希望される方は多いでしょう。特に会社員(サラリーマン)や公務員の方は申込も多く、審査も通りやすい対象といわれています。 それでは、パートやフリータ・・・

おまとめローンの審査で会社員が気を付ける点

会社員(サラリーマン)の審査基準について 会社員(サラリーマン)の審査の一番の重要ポイントは、やはり年収額になるでしょう。その次に重要なのは、勤めている会社の規模や知名度といったところです。業種や職種などはあまり重視はさ・・・

おまとめローンを利用しなかった場合

まとめローンのメリットは、返済の負担を減らすことができるということが一番です。金利が高く月々の返済額が多いところを、金利も安く月々の返済額が安いものに一本化するわけですから、当然といえるでしょう。 しかし、「手続きするこ・・・

まとめローンの審査を希望するOLの方

まとめローンの審査基準の中には、毎月一定の収入がある方が審査に通りやすい対象であるという原則があります。サラリーマンや公務員の方はもちろんですが、当然OLの方もその対象となります。ここではOLの方々がおまとめローンに申込・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ